BLOG

伝えたいことを記します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. BMIの理想値ばかりを追い求めていませんか??

BMIの理想値ばかりを追い求めていませんか??

慶應義塾大学→三井住友信託銀行→ライザップトレーナー

 

現在、松本市村井でPersonal Gym I’m(パーソナルジムアイム)経営中の佐々木駿(@shun_sasaki_1994)です。

 

これまで100名以上の方のダイエットを成功に導いています。

・健康診断でBMIって聞くけど何のこと?

 

・BMIの理想の数値っていくつなの?

 

・BMIの数値から何が分かるの?

 

今回はこのような悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事を読むことで、聞くBMIという数値について分かり、ダイエットで目指す方向が分かってきます。

 

BMIは健康や肥満度を測る指標として、ある程度信頼の置ける数値ではありますが、BMIだけを指標にするのはオススメしません。

 

その理由を本章で説明していきます。

 

広告

BMIとは身長に対する体重の指標

健康診断でもBMIという数値をよく見たり、聞いたりするようになったかと思います。

 

「BMIが25を超えているので、痩せた方がいいですねぇ」なんて言われたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

「そもそもBMIってなんだよ!」と思う方もいると思います。

BMIの算出方法は「体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}」です。

 

つまり身長に対して体重がどのくらいあるのかを出しているということです。

例)身長170センチ、体重80kgの人の場合

80kg÷(1.7m×1.7m)=BMI27.6

 

ということになります。

 

BMIの理想値が22と言われる理由

BMIは身長に対する肥満度を表す指標であることから、健康についても測れる指標であるとされています。

「BMIの理想値は22」というのを聞いたことがありませんか?

 

これはBMI22が最も病気になりにくい数値とされているからなんです。

先ほどあげた例の身長170センチの人であれば、およそ64kgの体重が理想ということです。

 

BMIの理想数値は22と言われているのは数値はこちらの研究が関係してきます。

上記の研究は日本人の男女(30歳〜59歳)の約4,500人の健康診断の結果を追ったものです。

 

この調査によると、男女共にBMI22が最も健康診断の数値が良かった、という結果が出ています。

 

健康診断の数値が良かった数値がBMI22=病気にかかりにく数値はBMI22と言われているんです。

 

BMIの理想値=健康ではない

病気のかかりにくさの観点からもBMIの理想値は22であることを先述しました。

 

ただ、BMI22=健康とは言い切れません!!

まずは以下の表を見ていきましょう!

 

分類 BMI
標準以下 18.5未満
標準 18.5〜24.5
過体重 25.0〜29.9
肥満度Ⅰ 30.0〜34.9
肥満度Ⅱ 35.0〜39.9
肥満度Ⅲ 40以上

 

この表を見てもBMI22は標準のところにありますよね。

ただ、BMIという数値はあくまでも身長に対する体重だけを見ている数値であって、筋肉量などは考慮されていません。

 

アスリートを例にすると分かりやすいと思いますが、身長180センチ、体重81kgのアスリートは多くいるはずです。

上のようなアスリートのBMIは25で、肥満度Ⅰに該当します。

 

ハードにトレーニングを週5回行い、栄養管理もし、不足している栄養素をサプリメントで補給しているにも関わらず、BMIだけ見ると肥満というくくりに入ってしまうんです。

このまま健康診断を受けると、「肥満なので痩せてくださいね。」ということになってしまいます。

 

同じ身長と体重でも、運動習慣の有無、食生活の乱れの有無などで健康かどうかは変わってきますよね。

運動は全くしない、食事はお菓子がほとんど。だけどBMIの数値は22という方も中にはいます。

この方が果たして健康なのか、といえば決してそうとは言えませんよね。

 

BMIは筋肉量は加味されていないため、BMIの理想値だけを追い求めて無理にダイエットをすることが健康であるとは言えません。

BMIばかりに気をとられると、無理なダイエットにも走りがちです。

 

BMIというのはあくまでも指標の1つであることを忘れずに!!!

 

BMIの理想値が18.5!?


病気になりにくいBMIの数値が22と言われる他に、モデル体型はBMI18.5ということも言われたりします。

160センチの女性だと47kgということになります。

47kgになったら、モデルのような体型になるかと言えばそうではありません。

 

BMIを18.5にするために、体重を落とすことだけを考えるのはやめた方がいいです。

筋肉を落として、BMIを18.5にしたところで、モデルのような体型にはなれません。

以下の栗原ジャスティーンさんが最も良い例です。

 

栗原ジャスティーンさんの身長は170センチとのことなので、体重58kgだとBMIは20です。

このことからも体重をただ落とせば良いということでは無いことが分かりますね。

 

モデル体型になるにはBMIのみの数値だけを追うのではなく、適切なダイエットと適切なトレーニングの実施が必要不可欠です。

 

 

広告

BMIの理想値はあくまでも目安ということを忘れずに

BMIは自分の健康面などを測るうえで参考になる数値ではあります。

ただ、BMIだけを頼りにするのはやめましょう。

過体重の方はトレーニングと食生活を改善し、BMIの数値を下げる必要があります。

 

BMIの数値は22で病気になりづらい数値であっても、トレーニングと食生活の改善が必要な方もいます。

BMIが18.5で数値だけ見れば、モデル体型とされる方も、トレーニングと食事の改善が必要な場合があります。

ボディメイクというのはBMIだけでは判断できないものです。

 

ダイエットでも自分の見た目をよくするために始めると思います。

それなのに、自分の姿を鏡で見ずに数値だけ見ているのはおかしな話ですよね!

 

BMIは参考程度に、見た目も大切にしてボディメイクをしていきましょう

 

 

関連記事