プロフィール

 

銀行を辞めよう。

 

この決断をして以降、私の人生は大きく変わりました。

社会人になったのが2017年の4月、それから半年後の2017年の10月に退職をします。

 

慶應義塾大学を卒業後、一部上場企業に就職し退職するということに関して、もちろん不安が無かったわけではありません。

 

大学まで野球を続けてきた私は、一度も属したチームを辞めたいと思ったことがなかったため、

銀行を退職することに対して「これでいいのか」「本当に辞めてもいいのか」「逃げではないのか」と自問自答を繰り返す日々を送ります。

 

「好きなことをして生きていきたい」

 

最後の決め手ははこれでした。

 

ボディメイクとの出会い

銀行を退職し、将来に不安を抱えている中で、筋トレを通じたボディメイクと出会います。

 

限界に挑戦する自分

前向きになる自分

自信がつく自分

体が変わる喜び

 

これだ。自分はこれを仕事にして生きていきたい。

そして、この変化を通じた喜びを多くの人に伝えたい。

 

RIZAP入社を決意したのは、すぐのことでした。

 

RIZAPでの経験

RIZAPでは厳しくも充実した研修、店舗で担当したお客様とのセッションを通じて、たくさんのことを学びました。

月に150本以上ものセッションをさせて頂き、本当に貴重な時間を過ごすことができました。

 

体が変わったと泣いて喜んでくださるお客様がいて、

何度もありがとうと言ってくださるお客様がいて、

うつ病を克服して、社会復帰をするお客様がいて、

 

多くのお客様とのセッションを通じて、本気で人を幸せにしたいと思えるようになりました。

それまで人のためにとは思っていましたが、RIZAPで感じたものとは比べものになりません。

 

「人生が変わった」と涙するお客様を見て、涙する自分もいました。

まさか、仕事で嬉しくて泣く日が来るとは思いもしませんでした。

 

パーソナルトレーナーという仕事を選んでよかった。

そう心から思える経験になりました。

 

独立を決意した理由

そんなRIZAPから私が独立を決意した理由は主に2つです。

 

1.自らの挑戦

2.お客様への寄り添いを充実させるため

 

1.自らの挑戦

パーソナルジムへの入会は「自分の中での挑戦です」と仰るお客様がおおくいらっしゃいます。

挑戦するお客様がいる中で、何事にも挑戦しない自分がいてはなりません。

この独立は、私にとっての1つの挑戦です。

 

2.お客様への寄り添いを充実させるため

どうしても組織が大きくなれば、ルールも厳しくなり、お客様へのサービスも制限されます。

人の体や心を変えるには、よりお客様への寄り添いを充実させる必要があると考え、独立を決意しました。

 

Personal gym I’mを通じて伝えたいこと

「新たな自分は見つかる」

このことを伝えるべく、Personal gym I’mを立ち上げました。

私は銀行退職、ボディメイクとの出会い、RIZAPでの学びを通じて「新たな自分」と出会ってきました。

新たな自分と出会う度に、強くなり、前向きに頑張れることを確信しています。

 

今の自分があまり好きではないから、どうにかしたい

自信を持って生きていきたい

年齢を気にせず、人生を生きていきたい

 

と思っている方。

 

Personal gym I’mで一緒に「新たな自分」を見つけましょう。

 

 

プロフィール

名前:佐々木駿(ささき しゅん)

生年月日:1994年 4月19日

出身校:慶應義塾高校→慶應義塾大学

勤務経歴:三井住友信託銀行→RIZAP

資格:NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)

日本タイ古式マッサージ協会プロフェッショナルセラピスト