BLOG

伝えたいことを記します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. RIZAP
  4. ライザップ中にお酒は飲んでもいいの?【糖質ゼロのお酒も飲まない方がいい】

ライザップ中にお酒は飲んでもいいの?【糖質ゼロのお酒も飲まない方がいい】

慶應義塾大学→三井住友信託銀行→ライザップトレーナー

現在、松本市村井でPersonal Gym I’m(パーソナルジムアイム)経営中の佐々木駿(@shun_sasaki_1994)です。

これまで100名以上の方のダイエットを成功に導いています。

・ライザップ中にお酒は飲んでもいいの?

 

・お酒を飲むとしたら、ハイボールがいいって聞くけどどうなの?

 

・お酒とダイエットの関係性は?

 

今回は上記のような悩みを解決できる記事を用意しました。

 

「お酒を飲みながらでも、ライザップで痩せられた」

 

これは佐藤仁美さんの言葉です。

実際に、佐藤仁美さんが痩せられてから「私もお酒を飲んでもいいですか?」と聞かれることも多くなりました。

たしかにお酒を飲んだからといって、痩せられないわけではありません。

 

しかし、ダイエットではお酒は飲まないべきです!

 

その理由も踏まえて、ダイエットとお酒の関係について深掘りしていきましょう。

 

広告

ダイエットとお酒について間違った認識をしないように


「ハイボールだったら飲んでも大丈夫でしょ!」

これめちゃくちゃ聞きます。

 

「ハイボールは良い飲み物」という認識が広がっていますが、これは違います。

 

そもそも、どうしてハイボールならいいと言われているか知ってますか?

これにはお酒に含まれる糖質量が関係してきます。

 

ビールや日本酒は糖質が多く含まれており、ハイボールや焼酎には糖質が含まれません。

 

糖質を摂る方が、太るリスクが高まるから、ハイボールなどの糖質ゼロのものがいいと言われているんです。

 

しかし、ハイボールも決してダイエットにいい飲み物ではありません。

理由はシンプルで、アルコールを含むからです。

アルコールは「脂肪の燃焼を止めてしまう」などダイエットに悪影響をもたらします。

アルコールについてはこの後詳しく書いています。

 

ハイボールは飲んでも大丈夫ということはありません。あくまでもお酒の中で”マシ”なだけです。

 

ダイエットでお酒を飲まない方がいい理由


「糖質が入っていなければ太らないんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

デメリット

お酒を飲まない方がいい理由”]

  1. お酒はカロリーが高い
  2. 脂肪燃焼が止まる
  3. 筋肉が分解される

 

1.アルコールはカロリーが高い

実はアルコールにもカロリーがあることを知っていましたか?

糖質:1gあたり4kcal

タンパク質:1gあたり4kcal

脂質:1gあたり9kcal

アルコール:1gあたり7kcal

 

アルコールは1gあたり7kcalと脂質に次いでカロリーが高いんです。

正確には、アルコールのカロリーは、アルコール度数に0.8をかけて純アルコールの量を求める必要があります。

 

純アルコールと書きましたが、難しい単語を理解する必要はありません。

これから書く、アルコールのカロリーの高さを皆さんには知ってほしいです。

 

ハイボール1缶あたりのカロリー

350ml×7%×0.8=19.6g

19.6g×7=137.2kcal

 

1缶あたり約140kcalなので、2缶飲めば、300kcal近くなるということです。

これは菓子パンを1つ食べるのと変わりません。

 

アルコールのカロリーの観点から考えても、ダイエット中にお酒を飲むのはオススメしません。

 

2.脂肪燃焼が止まる

アルコールを飲むと、体脂肪の燃焼がストップします。

なぜなら、体内ではアルコールの分解を優先してしまうからです。

 

アルコールが体内に入ると、体はアルコールを「毒」と判断します。

毒が入ってきたのに、悠長に体脂肪を燃やしている場合じゃないんですよね。

体はアルコールを分解する方に、力を使うので、その間は脂肪の燃焼はストップしてしまうんです。

 

お酒は飲めば飲むだけ、その分アルコールの分解に時間がかかり、体脂肪を燃やせなくなってしまうことを意味します。

 

3.筋肉が分解される

アルコールには筋肉を分解する作用があります。

ダイエットでは体重を落とすことに目を向けがちですが、筋肉を減らしては意味がありません。

体重が重くても、筋肉量が多いほうが圧倒的に綺麗に見えます。

 

このブログでは何度か紹介していますが、下の画像が非常に良い例です。

体重が増えているのに、綺麗に見えるのは、筋肉が増えているからです。

 

お酒を飲んで筋肉量を減らしてしまっては、綺麗な体は作れません。

筋肉を残して、脂肪だけ落とすためにも、ダイエット中のお酒は控えていきましょう。

ライザップ中はお酒を控えましょう


ここまで、お酒とダイエットの関係について、色々と書いてきました。

どの理由をとっても、お酒はダイエットに悪影響をもたらすことが分かりますよね。

 

「糖質制限中は糖質の入っていないハイボールならいい」なんてことはありません。

ライザップ中、お酒を飲むことは控えるべきです。

 

佐藤仁美さんも毎日お酒を飲んでいた訳じゃない

「佐藤仁美はお酒飲んでも痩せたんじゃないの!?」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、佐藤仁美さんも毎日お酒を飲んでいた訳ではありません。

飲酒以外の食事は完璧、トレーニングも週に3〜4回行っていたことで、あの体を手に入れています。

 

「お酒を飲んでも痩せられた」の裏側には相当な努力があるんです。

 

「お酒は飲まない方が痩せられる」ということを忘れないでくださいね。

 

広告

ライザップ中にどうしてもお酒を飲まなければいけない場合


ライザップに通っている間に、どうしても断れない飲み会があるかもしれません。

ダイエット中はお酒を飲まないことが理想ですが、どうしても飲まなければならない時は、以下のことを守りましょう。

1.糖質の少ないお酒を飲む
2.水を大量に飲む
3.おつまみを低脂質高タンパク質

 

この3つに関して、詳しくは以下の記事をご参照ください。

 

お酒とダイエットの関係を理解して、理想の体を目指していきましょう!

関連記事