BLOG

伝えたいことを記します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 筋トレ
  4. あえて筋トレのデメリットを思いつくままに綴る

あえて筋トレのデメリットを思いつくままに綴る

慶應義塾大学→三井住友信託銀行→ライザップトレーナー

 

現在、松本市村井でPersonal Gym I’m(パーソナルジムアイム)経営中の佐々木駿(@shun_sasaki_1994)です。

 

これまで100名以上の方のダイエットを成功に導いています。

 

・筋トレのデメリットは何かあるの?

 

・筋トレをしていて困ることは?

 

今回は上記のような悩みを解決できる記事を用意しました。

 

「筋トレは全てを解決する」

「筋トレはメリットしかない」

 

ということを聞いたことがあるかと思います。

実際、ぼくも筋トレには、かなりたくさんのメリットがあると思っています。

そんな中で今回はあえて、筋トレのデメリットについて書いていきます!

 

広告

ぼくが感じる筋トレのデメリット

筋トレのデメリットは以下の5つであると感じています。

 

筋トレのデメリット

1.服のサイズが合わなくなる

2.筋肉痛に悩まされる

3.食事に気を遣いすぎる

4.食費・サプリメントにお金がかかる

5.間違ったフォームで筋トレをするとケガにつながる

 

1.服のサイズが合わなくなる

これが筋トレをしていて、感じる1番のデメリットです。

例えば、体重が70kgの時に10万円かけて、スーツをオーダーしたとしましょう。

本格的に筋トレを始めると、1年で10kgは増えます。

 

さて、体重が80kgになって、体重70kgの時に作ったオーダースーツは着られるでしょうか?

もちろん着られません。

70kgの体に合わせて作っているんですから、着られるほうがおかしいんです。


せっかく10万円をかけて作ったスーツが着られなくなる、というのはかなりショックですよね。

筋トレを始めると、こういったことが起きてしまいます。

 

服を買う時もサイズ選びに困る

服を買う時に「今はこのサイズでぴったりだけど、筋肉ついたら小さくなっちゃうかなー」とか

色々と悩むことになります。

筋トレを続けていると、1年前に買った服のサイズは合わなくなると思ってください。

 

実際、ぼくも1年前に買ったデニムは太ももの部分が入らなくなってしまいました。

これは筋トレのデメリットではありますが、むしろ喜ばしいことだと思えると良いですね!笑

 

2.筋肉痛に悩まされる

スクワットなどの、脚の筋トレをした翌日は、日常生活に支障をきたすことがあります。


「階段の昇り降りがキツイ」

「車から降りる時がキツイ」

「トイレに座る、立つのがキツイ」

 

という経験をすることになります。

 

お客様の中に、営業先で「歩き方おかしいけど大丈夫?」と言われたという方もいらっしゃいました。笑

 

3.食事に気を遣いすぎる

友達と外食することになった時に「この食事じゃタンパク質足りないんだよなー」

なんて思ったりするようになります。

 

また、コンビニや外食でも、ラーメンなどを食べる時に、どこかで罪悪感を感じるようになりました。

せっかく筋トレをしたんだから、体に良いものを食べたい!という思いが強くなります。

 

4.食事・サプリメントにお金がかかる

食事を抜いたり、菓子パンやカップラーメンだけで食事を済ませていれば、食費はかなり抑えられます。

しかし、それでは筋肉が成長することはありません。

 

筋肉を付けるためには、タンパク質と糖質を多く摂る必要があります。

鶏肉、豚肉、魚、卵、ごはんなどを食べることになるので、必然的にお金がかかるようになるということです。

また、プロテインなどのサプリメントを使うと、さらにお金がかかります。

 

ぼくの場合、食費とサプリメントで月に4万円はかかっています。

ただ、4万円はそこまでお金は掛けていないほうです。

効率的に筋肉をつけていくためには、お金がある程度はかかると思ってください。

 

5.間違ったフォームで筋トレをするとケガにつながる

自己流で間違った知識のもと、筋トレをするとケガをするリスクが高まります。

 

例えば「スクワットはつま先より膝を前に出すな!」なんて聞いたことがありませんか?

この知識のもと、スクワットをし続けると、腰を痛める可能性が高くなります。

その理由について、詳しくは以下の記事をご参照ください。

 

当たり前ですが、ケガをして、筋トレができなくなってしまえば、筋肉はつきません。

 

間違ったフォームでは筋肉がつかない

間違ったフォームで、ケガをしなかったとしても、思ったように筋肉をつけることができません。

 

男性が厚い胸板に憧れて、ベンチプレスをしたとしましょう。

そんなベンチプレスも正しいフォームで行えなければ、肩の前の筋肉ばかりに効いてしまい、胸の筋肉が発達することはありません。

間違ったフォームで、筋トレを続けても、結果は出ませんよ!

 

広告

筋トレにはデメリットもあるけど、それを上回るメリットがある

ここまで、筋トレのデメリットをあげてきました。

 

たしかに、体のサイズが変わって、服のサイズが合わなくなることはあります。

筋肉痛に悩まされて、歩くのがツライこともあります。

 

ただ、それ以上に自分に自信が持てるようになったり、痩せやすく太りやすい体を手に入れられたり、

メリットのほうが圧倒的に多いと感じています。

筋トレのメリットについては以下の記事をご参照ください。

 

筋トレにデメリットが1つもないことはありません。

ただ、デメリットをデメリットと感じなくなった時に、メリットを感じられるようになります!

頑張って筋トレを続けていきましょう!

 

 

関連記事