BLOG

伝えたいことを記します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 尿酸値が上がる原因を徹底解説【プリン体を控えればいいってものではない】

尿酸値が上がる原因を徹底解説【プリン体を控えればいいってものではない】

慶應義塾大学→三井住友信託銀行→ライザップトレーナー

 

現在、松本市村井でPersonal Gym I’m(パーソナルジムアイム)経営中の佐々木駿(@shun_sasaki_1994)です。

 

これまで100名以上の方のダイエットを成功に導いています。

 

・筋トレをしているのに健康診断で尿酸値が高いという結果が出た…

 

・このままでは痛風になってしまうのでは…

 

・尿酸値が上がる原因ってなに?

 

・尿酸値を下げるには、やっぱりプリン体を控えるべき?

 

 

今回は上記のような悩みを解決できる記事を用意しました。

 

先日、友人から「筋トレをしているのに、尿酸値が高いんだけどどうしたらいい?」という連絡をもらいました。

そこで今回は、本日は筋トレと尿酸値の関係および、尿酸値が上がる原因について深掘りしていきます。

 

尿酸値が高い=痛風になりやすい

痛風=めちゃくちゃ痛い

 

こんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

そんな痛いとされる痛風になりたくないですよね?

 

この記事を読むことで、尿酸値が上がる原因、下げる方法を正しく理解でき、痛風にならずに済みますよ!

 

広告

痛風のメカニズム

痛風のメカニズム

1.尿酸という物質が結晶化して、関節に蓄積する

 

2.蓄積する尿酸が多くなりすぎて、結晶が剥がれ落ちる

 

3.剥がれた結晶を白血球が攻撃=めちゃくちゃ痛い

 

 

上記のようなメカニズムで痛風は引き起こされます。

尿酸値が高いということは、体内に尿酸が多く溜まっていることを意味します。

だから、尿酸値が高い人は痛風になりやすいということなんです。

 

尿酸値を上げる原因4選

尿酸値を上げる原因

1.筋トレ

2.ストレス

3.飲酒

4.尿酸排出量の減少

それぞれについて見ていきます。

 

1.筋トレ

筋トレをすることは健康に良さそうなので、尿酸値を下げてくれそうなイメージがありますが、そうではありません。

筋トレをすると、ATPというエネルギーが使われます。

このATPが使われるタイミングで、尿酸も一緒に生成されるんです。

 

また、筋トレは筋肉を破壊する行為でもありますが、筋肉が破壊されるタイミングでも、尿酸は生成されます。

 

なので、ハードに筋トレをすればするほど、尿酸は生成されるということです。

後述しますが、筋トレを辞める必要はありませんからね!!!

 

2.ストレス

人間はストレスを感じると、活性酸素が増えます。

現代社会で仕事をしていれば、ストレス0で生きていくことは不可能ですよね。

そして、活性酸素に対抗するために、人間の体は抗酸化物質を増やすんです。

 

この抗酸化物質が「尿酸」なんです。

抗酸化物質なので、尿酸は悪者ではないのですが、尿酸が増えると痛風のリスクが高まります。[※1]

 

3.飲酒

アルコールの摂取は尿酸値を高めてしまいます。[※2]

「プリン体0のビールだから大丈夫!」ということにもならず、アルコールが入っていれば尿酸値の上昇につながってしまうんです。

社会人になって、尿酸値が上がったという方は、飲み会が多くなったことも原因の1つとして考えられます。

『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版』(日本痛風・核酸代謝学会 ガイドライン改訂委員会)より
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23286570Z01C17A1000000?channel=DF140920160927&page=3より引用

 

尿酸値を気にするならワイン

アルコールが尿酸値を増やすと言われていますが、ワインを飲んだ場合、痛風発症のリスクが低いという研究結果もあります。[※3]

ちなみにこの研究では、ビールを飲んだ人の痛風発症率が高かったとされています。

 

もちろんワインの飲み過ぎはよくないですが、ビールを飲むのであれば、ワインを飲んだ方が良いと言えそうです。

 

4.尿酸排出能力の減少

肥満の人は尿酸排出能力が低くなる傾向にあります。

インスリンというホルモンが増えると、尿酸排出能力が減少するのですが、肥満の人はインスリンが体内に多くなってしまうからです。

memo

インスリンは体内に糖質が入ってくると、分泌されるホルモンです。

 

肥満でない人は、1の糖質が入ってきた場合、1のインスリンで事足りるのですが、

肥満の人は、1の糖質が入ってきたら、10のインスリンがないと対処できないイメージです。

 

肥満になってインスリンがうまく機能しなくなることも、尿酸値を高める原因の1つなんです。

 

尿酸値を下げるためにやるべきこと3選

尿酸値を下げるためにやるべきこと

1.ビタミンA、ビタミンCを摂取する

2.水を飲む

3.肥満を解消する

 

1.ビタミンA、ビタミンCを摂取する

先ほど、尿酸は抗酸化物質であるとお伝えしました。

決して尿酸は悪者ではないのですが、痛風の原因になってしまうのは事実です。

 

では体内に、尿酸以外の抗酸化物質があったらどうでしょう?

尿酸以外の抗酸化物質があれば、尿酸は増えずに済むんです。

 

そんな尿酸の代わりになる抗酸化物質が、ビタミンAとビタミンCです。

この2つは食事から必要量摂ろうとするのはかなり難しいので、サプリメントで摂ることをオススメします。

 

以下のマルチビタミンを摂ると、ビタミンAもビタインCも摂れるので、非常にオススメです。

 

2.水を飲む

筋トレとアルコールによる尿酸値の上昇に関しては、水を飲んで対処していきましょう。

 

水を飲むことで、尿酸の排出能力が高まります。

筋トレをして、汗をかくと体内の水分量が減ります。

すると、尿酸の濃度が高まってしまうだけでなく、尿による尿酸の排出能力が低下してしまいます。

 

トレーニング中に水分を2リットルとるのが理想ですが、難しければ最低でも1リットルは水分をとるようにしましょう!

 

また、体内でのアルコールの分解にも水を飲むことは役立ちます。

男性は2リットル、女性は1.5リットルは日頃から水を飲めるとベストです!

 

筋トレと飲酒による尿酸値の上昇は「水を飲む」ことで対処が可能です。

 

3.肥満を解消する

先述したように肥満は尿酸値を上げることにつながります。

 

この解消法はいたってシンプルで「痩せること」です!

痩せることで、インスリンが正常に働くようになります!

 

ダイエットに関しては、まず以下の記事をご参照ください。

 

注意

糖尿病の疑いがある方は、医師の指示に従ってください。

 

プリン体を控えることは、尿酸値にほとんど影響しない

ここまで、尿酸値を下げる方法についてお伝えしてきましたが、

「プリン体が多い食事を控えたほうがいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

 

結論、プリン体を控えることは、ほとんど尿酸値に影響しません。

 

最近では、食事からのプリン体を制限しても、尿酸値はそこまで変わらないとされているので、

痛風にならないために、いくら、エビ、白子を我慢するといったことは、そこまで重要ではないんです。

 

広告

まとめ

いかがでしたか?

尿酸値を上げる原因は、多岐に渡ります。

また尿酸値を下げるために、プリン体の多い食事を控えることは、あまり効果が見込めません。

尿酸値を上げる原因、下げる方法を正しく理解し、痛風を予防していきましょう!

 

参考文献

[※1] 医学常識はウソだらけ 三石巌著

 

[※2] Ethanol-induced hyperuricemia: evidence for increased urate production by activation of adenine nucleotide turnover.

 

[※3] Choi他. Alcohol intake and risk of incident gout in men: a prospective study. 「アルコールの摂取と男性における痛風発生のリスク:前向き研究」Lancet. 363: 1277-81, 2004.

関連記事